As time goes by カルネヤ1129


夕闇小やみの神楽坂 肉イタリア料理カルネヤ店主の目線に映ることやモノ
by mangiamocarne29
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Verrrrra pasta 竜泉角萬

e0149471_15214441.jpg

僕の住む街浅草に庶民に愛されてやまぬ2軒の蕎麦屋がある。

美味しんぼにも掲載されたこともある崇高な藪蕎麦「並木」と
花魁漂う吉原に程近い場所に位置し、パワフルな太蕎麦でソールフード然とした「角萬」がそれ。

前者が喉を越した後の儚げな余韻を愉しむべく江戸前蕎麦の
重鎮とするならば、後者は対極的なかみ締めるほどに広がるそば粉の風味をあじわうもの。

どちらもすばらしいのでありまして、甲乙はさほど意味がないかと思うけれど、
前者が圧倒的に浅草住民以外の人々や観光客に支持をされているのに対して、
後者は浅草住民の憩いとなっている。

先日のランチタイムの仕事をサボダージュした僕は迷うことなく角萬へと
足を運んだ。
勿論、名物の冷大を喰らうためだ。

冷やし肉南蛮大盛り・・略して冷大。
だがけっして冷たくはない。常温なカンジ。

ここへ足を運ぶ7割の人が食すこの冷大は驚くほどの太蕎麦。
イタリアのパスタで言うビゴーリやピーチ、ウンブリチェッリ
といったところか。
当然その蕎麦を支えるツユにも独創性と普遍の真理が共存。
やや厚めの豚ばら肉とざっくばらんな長葱とを、濃い目の割り下で軽く煮込みそして常温に冷ます。
営業が始まったばかりの時間帯はおそらく前日の残りツユを
冷蔵庫から出したばかりのようで豚の脂が凝固していて蕎麦に
絡みづらくややポテンシャルに欠くこともあるが、昼下がりを
狙えばばっちり。 トロ~んと乳化したツユと味の染みた、
豚ばら肉、そしてどちらの旨みも吸い込んだ長葱の歯ざわり。

まずは蕎麦を一口。
続いて豚肉と一緒に蕎麦をほうばる。
はたまた長葱と蕎麦。  たまにツユに口をつける。
 
意図してか知らずか、あっという間に驚くほどの大盛りが
器から姿を消している。
残るのは若干のツユのみ。
しかしそれも恐ろしいくらいに濃い蕎麦湯とともに腹の中へ
とよろしく収める。。
うっぷ、もう空気すら入る隙間もありませぬ。。

浅草には芸術とも呼べる蕎麦屋が2軒あります。
近くに寄った際には是非お見知りおきになってくださいませ~。。
[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-10-26 15:25 | MANGIARE
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧