As time goes by カルネヤ1129


夕闇小やみの神楽坂 肉イタリア料理カルネヤ店主の目線に映ることやモノ
by mangiamocarne29
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

肉とロン毛と感謝と宣伝

e0149471_139417.jpg

賑春の候そこはかとなく蒼い馨りを黒髪の先にに感ず

どーもこんちは、かなり毛髪の伸びきってる僕です。
兄や姉や母や友人や従業員、はてまた御客さんにも髪の毛のバッシングを受けているけど
美容師でもある僕の嫁さんが一向に断髪をしてくれないのだからしょうがない、
などと自分で自分に言い聞かせている毎日なわけです。
チャチャチャっとざんざと切りたいものです。

さてさて毎月恒例の29日肉の日が明日となりました。
この3月はなかなかのお店の繁盛に感謝と驚きが交じり合っている次第でぇございます。
イチローの声とそろえて『あざぁーっす』と声を大にして発したいと思います。
で、今回の肉の日なんですが、この感謝の気持ちを形にしたいと思いまして
僕個人の所有肉(いつもは売上の良かった月にスタッフとの宴で食べるのですが)の
黒毛和牛リブロース1kgをいつものCARNEYAオールスターズ600gと並行して
通常¥5800の50%Offの¥2900で提供しまーす。

席は大分というか埋まっちまってますけど、そこは牛込人情レストラン?カルネヤ!
時間帯をずらしてみたり、特設席も設けたり(まぁ隣のお店にテーブルを拝借させてもらうんですが)
まんまと無理強いをして用意したりもしますぜ。事実昨日も隣にテーブル借りちまったし。。。

と、いうわけですので皆皆様方よ、肉食っちまってしまって参って参ってダァーってやりやしょうぜぃ!
どしどしこちらまで電話ください
どちらさまの笑顔が蔓延ることを生き甲斐と称してレバーのカルパッチョにて〆とさせてもらいやす。
どうぞよろにく!
e0149471_13593441.jpg

[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-03-28 14:09 | INFORMAZIONE

BRIO掲載

e0149471_14244160.jpg

3月24日発売の BRIO 5月号
『自腹で行くベストレストラン』のコーナーに
当カルネヤの看板メニュー『CARNEYAオールスターズ』が掲載されました。


焼いた肉の香り付きのページになってますので見てください。
      ↑
あ、真っ赤な嘘です。だったらいいなぁと思いまして。
先日友人に『焼いた肉の香りのする香水』を貰いまして、ひっそり店に置いてあります。
その匂いを嗅いでみたい方いたらぜひお名乗りください!
とんでもない匂いで笑えます。
[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-03-25 14:38 | INFORMAZIONE

クラブの帰りにかおたんラーメン

e0149471_1641177.jpg


昨日というか今朝5時くらいまで西麻布カラーズでオドリまくりで脹脛が痙攣気味す。
鼻の頭にやけどのような噛みつかれたような傷が出来てるけどなんだろ、これ?

はてさて今日のランチが満席で一泡吹くかと思ったけど、
逆に頭が冴えて冴えて料理も切れが良かったような気がするし
たまには朝まで遊ぶのもアリってことにしてみるか。
まだまだ若いのかね、僕も。
あっ、でも明日とか一気にダルさが来たら年とったってことか?

で、おいといて、明け方まで踊り狂ったわけだけど、
さっすがにそんだけ躍ったら腹が減ってしまって、
友人達が場所変えて2次会するよっていうのを断って、
やっぱ飲んだあとのラーメン。
かおたんラーメン えんとつ屋
ひとりで千鳥足かましてたら後ろから僕の名前を呼ぶ声が。
で、ここで思わぬばったり遭遇。
レストランVINOBLEのシェフで僕の師匠。
師匠!なぜこの時間ここにいる!?朝5時なんですけど。。
でも、まぁいっか!せっかく会ったのでラーメンおごってくだっさい。と言ってみたら
無理やりな誘いなのにいやな顔一つせず一緒に行ってしかもちゃ~んと奢ってくれた。
御馳走様でした。

ときどきむしょうに食べたくなるまろコク醤油系らーめん。
家が遠くてこういうときにくらいしか行けない。
やっぱいいわ、この味この雰囲気。
[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-03-22 17:06 | AMICI

肉食店の草食男子

誰の事って?

ツカモトもアベンジャミンもそうだけど

自分も最近、草食男子みたいです。でした?

友人のクラブDJからの誘いも乗り気じゃないし

女子の飲みの誘いも行ってない。

ご飯も家でまったりやってたりし。

別に面倒くさいわけでも病んでるわけでもじゃないけれど、

なんかこう春めいてあったかくなってくると

頭がポワ~んって感じで、

仕事する以外になんもやる気が起こらん。

けど毎日スタッフらとちゃ~んと楽しんで働いてるが

こらまたどうした事やら、はたまたいつまでそうなのか?

このまま草食になる?

ふ~む、ま、それでもいいか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんて思ってた矢先に、

以前の職場の副社長からTELで、

『Oh~~~~,What's up guy!!!!! 今夜あたり西麻布遊びに行こうぜ』
『今日のイベントはピコピコ系でオカシクなれるらしいぜ!!』

って。

さ、最近ロン毛なってしまった髪の毛結わいて、

いっちょワンダーしてみます♪

付き合いは大事、付き合いは。

ってさっき言ってたことと矛盾してしまうけど

やっぱ自分の周りは自分で楽しくしていきたいし。

個人的なことでお店の事とかなんもなくてスイマセーン。

最近のお勧めの和牛のビーフシチューの写真のUP添えときまーす
e0149471_2228505.jpg

1人前¥3800で、結構いい値してるけど食べる価値あると思うマース。
[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-03-21 22:34 | AMICI

Che Grande!! カルネヤバーガー


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
e0149471_163599.jpg

こんなんできました!
Questo e CARNEYA BURGER!!
全高13㎝ 直径9センチ
自家製のバンズと和牛パティ、それとモツのトマト煮をソースにして。
乾燥した季節に大口開けて食べたら唇がピッと裂けること間違いなしのBIGサイズよ。

バンズは天然酵母と全粒粉を用いた配合にし。
風味が増すようにバターとミルクも生地に練りこんで。
ざっくりした食感で噛むと中からふわっと香る。

パティは和牛のモモを手切りしてから包丁で荒々しく叩いた肉と
玉ねぎのみでつなぎは入れない。
せっかくの旨い肉にはつなぎは却って味を弱めてしまうと思って。

玉ねぎもポイント。
3人前450gの肉に対して玉ねぎみじん切り1個分。
玉ねぎは3分の1は生のまま、3分の2はアメ色になるまでゆっくり炒めた物。
アメ色玉ねぎはコク出し用、生玉ねぎは肉のうまみを吸わせる役目。

モツのトマトソースはバンドで言うとエレキギターみたいなモノかな。
フレッシュトマトとレタスで軽やかに食べやすくするのも忘れないほうがいい。

そんで試作と試食を終えてみたが、これがめちゃくちゃ旨かった。
あくまで個人的主観になるけど今まで食べたどのハンバーガーよりも旨かった。
それに食べてて楽しかった。

こういうラフな食べ物って楽しい、作るのも食べるのも。

あー満腹満足。
もういーや、よしっ、昼寝しよって思っててもさっきのWBCの
イチローの試合後の顔が離れなくって寝れないや。
強いねGiapponese!

e0149471_1763417.jpg

[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-03-20 16:41 | CARNE

焼き肉レストラン新羅にて

e0149471_17105439.jpg


千葉栄町にある焼肉レストラン『新羅』へ、
友人の肉マニア美人さんからの誘いを受けてヤキニクエスト。

松坂牛、前沢牛が主な肉のラインナップ。
と、ここでひとつ前置き。
肉を前にした自身のあまりの鼻息の荒さと相まった食欲の為写真を撮るひまがなかった。
血走った眼で完全に理性を失ってたことを正直に申し上げます。orz

始まりは、この店自慢のドレッシングをたっぷりとまぶしたネギサラダ。
これで生ジョッキ2杯空いてしまった。旨い。
自家製のキムチ、オイキムチはアグレッシブな濃いめの味付け。

松坂牛だったかな、のネギトロ巻きが焼肉前の前座役。
味わいは前座などではなく主役級。
きみまろの出世を見るかのよう、これだけで店出来るんじゃ?なんて思った。

黒毛のタン塩とタン刺しが出てきたところで、
同行したフレンチのシェフと、やれこーだあーだの牛タン論が始まったが、
ふと先ほどのネギサラダを巻いて食べてみたくなり話半分にしながら実行してみて
それが自分の味覚に驚くほどマッチしたので心のガッツポーズしてたが、
当然だ、と言わんばかりに皆同じ食べ方をしてた。

その後、かの安福の遺伝子をついだ3種類のカルビを食べて
改めて和牛という食べ物の旨さを再確認させてもらった。
そりゃご主人の自信漲る顔もうなずける。

奥さんがお勧めしてくれたブルゴーニュの赤は正直イマイチだったが、
牛肉の脂を流すのには大いに役立った。
さすがのA5だけにビールじゃしんどかったんで。

〆にはオムキムチというキムチチャーハンのオムライス。
これも旨かった。

場所柄、頻繁に訪れることができないのが残念なんだが、
機会を作ってまた行ってみたい店にランクイン。
楽しかったす。

あと、ここのネギサラダのドレッシングはネットで反響が多数あるよう。
シチリア岩塩とガーリックオイルのパンチの利いた味わいは
結構病みつきになるよ。
購入はこちらでどうぞ。
[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-03-18 17:45 | CARNE

Tartara di cavallo

僕はタルタルステーキがとても好きだ。
実家のユッケも渋谷のツバイヘルツェン のタルタルも好きだ。
アッピアでも楽しく食べれたな。
あまつさえ生で食せる畜種があれば必ずというくらいタルタルにしてみる。
いままで体得したタルタルをのべつ並べてみると。

おなじみの和牛では、ロース、リブロース、バラ、フィレ、外もも、内もも、イチボ、、サガリ、ハラミ、
ホホ、肩ロース、三角バラ、ザブトン、ブリスケ、タン、ネック、スネ、
内臓類で、ミノ、コブクロ、脳ミソ、ハチノス、ギアラ、センマイ、大腸、小腸、食道、シビレ、すい臓、
レバーといった感じでテール意外はほぼすべて。どれも旨い。

その他では、馬肉、鹿肉、クマ、ダチョウ、鴨、鳩、カエル、あたりは旨かった。

まったくの個人的見解なんだけど、春のレストランの食事はタルタルがイイ。
なんとなく桜の咲く季節にピンク色したタルタルステーキがテーブルにマッチする気がする。
赤ワインよりもビオな白ワインでパクパクいきたいね。

で、春のカルネヤではいろいろと肉タルタリたいと思っていたところ、
奇遇にも九州の馬肉業者から一本の電話が入った。それこそ桜肉か。
『シェフ!良いの入ったよ、特上ロース、それとチョー希少なサガリとハラミのセット!どう?』
言わずもがなに二つ返事で購入決定。
で早速だが、明日12日に九州熊本から馬肉のサガリ、ハラミ、ロースが届く。

桜肉のうんちくはささたくさんあるけどそれはまたの機会で。

希少な部位も含め、炭火焼きステーキとタルタルステーキでメニューお目見え。
馬肉タルタル。良い響きだね。
サガリもハラミもロースも全部の3種盛りもあってもいいんじゃない?

この春の肉的妄想はタルタルに支配されそうだ。
e0149471_16361389.jpg

[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-03-11 16:38 | CARNE

カルネヤHPリニューアル

e0149471_2262985.jpg

e0149471_2274498.jpg

カルネヤHPがリニューアルすることができたのでお知らせです。
こちらからどうぞ

肉イタリアンと銘打っているだけに肉料理だらけのメニュー構成になってます。
やはり実家の焼肉屋のDNAは濃いのだろうか?
あ、でもでもホントたくさんの野菜を摂取することも出来ますので。
魚好きには残念ながらほんの一握りのメニューしかないので、
申し訳ないですが他店に行くことをお勧めします。

HPにあるBLOGは最新の記事からスタッフBLOGと相成っています。

今後ともお店はもとより両BLOGの方も可愛がってやってください。
Tutti、よろにくっ!!
[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-03-10 22:11 | INFORMAZIONE

奇跡のリンゴ

e0149471_1636785.jpg

これ、奇跡のリンゴです
青森県で完全無農薬で木村秋則さんという方が栽培されたリンゴ。
いや、氏なら『オレのもとにリンゴの方からやってきてくれたんだ。オレは迎えに行っただけ』
という言い方をするのかな。
話したことはないんだけどなんとなく絵に浮かぶ。

この奇跡のリンゴは神楽坂歯車の店主濱本さんに頂いたもの。
葉巻を吸いに彼のBARを訪ねるくらいの間柄だった去年の今頃には
想像し得なかったくらい今では二人仲が良い。
ひょいと小粋な話題を提供してくれる彼は歳は下でも兄のようだ。

で、そんな彼から貰ったリンゴを今朝カフェの時間皆で食した。
6等分に切ったリンゴを食す食中食後、終始皆無言。
たぶん僕もなんだけど食べ物についてこれだけ考えたことは久しくない。
というくらい皆自分の中に引きこもってた感がある。

奇跡の価値って人が言うものじゃなくて自分で感じるものなんだなぁって思った。
最近やたらに涙もろい。
先日娘と見に行った映画WALL・E/ウォーリーでは
ふと気付いたら涙がほっぺたまで落ちてきてたし、
齢84になる家のばぁばの昔話で鼻をひくひくさせて泣いてみたり。
けどなんと言っても最近一番すっきりするくらい泣かせてもらったのは
この奇跡のリンゴをタイトルの木村秋則氏のノンフィクション。

はんぱなくかっこいいオヤジさま。
リンゴってこういう食べ物だったんですね。
漆黒の闇のバーテンダーさま。
奇跡のおすそわけGrazie!
[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-03-08 17:38 | COMMOZIONE

グルメキャリー魅せるメニュー掲載&確定申告のぼやき

明日3月5日発売 飲食求人情報誌グルメキャリーの
『魅せるメニュー』コーナーにて
カルネヤで最もニーズのあるメニュー3品が掲載。
店長の写真も掲載。
どうぞコンビニ、書店等でご覧くださいませ。
あ、できれば購入が好ましい。
立ち読みするヒトは通行人の邪魔にならないよう。

PS 求人広告へは載ってませんよ。


さて、さておいて。
3月は確定申告。
店の1年間の経営力が数字に反映される時期。
先ほど税理士とのセッションで帳簿はどうの、経費はこうしてみるか?
などと大いに話し合いひとまず深刻、おっと間違えた。申告書類ね。が出来上がった。
面白いのは経常利益などで見るトータルの純利益と、
銀行預金残高の差額の収支を一年で見ると全然額が変わるって言うこと。

残高の収支と経常純利益の収支。
この違いのロジックがいまだに正直理解しにくい。
税理士の方でも完璧には説明しにくいようだ。
まぁ簡潔に言うと、銀行残高は増えたけど、
店としての残高はそんな増えてなかったということ。か?

いや、ちがうな。
経営者個人が稼ぐと店は稼がない稼げない。
ん?そういうことか?
なんかよくわからん。
なんかシーソーに自分が二人乗っている気分。
残高が増えるのは儲かったわけだから当然良いことなんだけど、
それは経常利益を基とする対銀行融資業務には
あまり関係ないのということか。。。?

これから先、新店舗を開いたりする時に銀行に融資を願い出るとすると、
店である以上はこの経常利益による純利益の額を見られることになり、
それが多いことにより信頼が増え、融資がおりやすくなるということ。
ある意味残高が増えるよりも大事なことなのかもしれないな。

でも、この数字の難しいロジック。
誰かすんなり教えてくれないか?知りたくてしょうがねぇ。
なんか下っ腹とこめかみ辺りがもやもやするんだよ。
あ~、今日も飲んじゃおうかなって気分になってくる。
[PR]
by mangiamocarne29 | 2009-03-04 17:28 | INFORMAZIONE
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧